本でハッピー♪

富士山頂

54bc1838.jpg


『劒岳 点の記』 で たいそう感動したので

また新田作品読んでみました。

富士山頂。

昨年、ヒーコラお邪魔しました。(笑)

やっぱり日本人なら一度は頂上を踏まないと。 (自分が登ったから言える)

NHKで以前放映していた 「プロジェクトX」 という番組を

知っている人は多いと思いますが

その第一回目が 「富士山頂に気象レーダーを設置する」 

だったそうですね。

この本は まさに その 

「富士山頂に気象レーダーを設置する」 話なのです。

そして 主人公の葛木は新田次郎自身。

当時(昭和38年頃)新田氏は

気象庁に勤めながら 執筆活動を続けていました。

内容の半分以上は レーダー設置に至るまでの内部組織の軋轢や

企業の駆け引き等が書かれていて

山岳小説というよりは 企業小説みたいになってます。

最終的には 色々困難を乗り越えてレーダーが設置されるわけですが

その富士山レーダーも 時代の流れには勝てず

気象衛星の出現によって 無用のものとなり

2001年に撤去されました。

今は富士吉田市の 「富士山レーダードーム館」 に保存されてるそうです。

ああ・・この本を読んでから 富士山に登りたかったな。

あの観測所の建物を見たら 感動も倍になったかもしれないのに・・・。

え? 何? また登ればいいって?

・・・・・・・あはははは・・・・そうですね・・・・笑顔汗汗汗








にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ









アヒルと鴨のコインロッカー

d9fd42de.jpg


先日読んだ ゴールデン・スランバー と同じく 

伊坂幸太郎の作品。

これも ヤマ友 shucream さんから聞いて読んでみました。

「ゴールデン・・・」 みたいなドキドキ感はなかったけれど 

どんどん読めちゃいました。

本を読むとき、たいていは 無意識のうちに

登場人物の誰かに自分が乗り移って読み進めていくのだけれど
(それがたとえ男性であっても)

今回の小説は多分、

誰にも自分を当てはめてなかったような気がしてます。

まるでちょっと離れた場所から 紙芝居を見るかのように

登場人物全てを 平等に眺めていたんじゃないかな。

このお話の中には どんな女性もイチコロになる

超イケメンが出てくるのですが

実は ついさっきこの小説が映画になってたことがわかり

そのイケメンを瑛太が演じてた、ってことで

かなりショックを受けてます。

瑛太はどちらかというと 好きな俳優さんだけど

私の中のイメージとはかなり違う・・・・・

やっぱり原作を映像化するって 難しいなぁ。




にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ







劔岳 点の記

a469cb9e.jpg


新田次郎・・・・

山に登る人なら この名前を知らない人はいないでしょう。

山岳小説の第一人者。 (本人はこう言われるのを嫌っていたらしい)

来年、この小説が映画化されることになりました。

映画館が嫌いな二男が珍しく 「観たい」 と言ったので

それじゃあ、私も上映の前に・・・と読んでみました。

これは実話です。(新田次郎の書く山岳ものは全部実話?)

すごかったです。

ほんとすごかった。

内容を簡単に書くと

『弘法大師が草鞋3千足を使っても登れなかった』 

と言われた針の山 剱岳に三角点を設置するために 

命懸けで任務を遂行した測量官 柴崎芳太郎のお話。

その柴崎を 映画では浅野忠信が演じるそうで

実に楽しみです。

しかし 6月にクルーの一人が落石事故に合い、

撮影が一時中断。

命に別状はなかったとのことで 

つい先日撮影は再開されたようですが

やはりルートが確立された今日でも

危険な山には変わりはないのですね。(山はどこも危険)

難易度はすごく高いけれど この本を読んだことで 

いつか私にも・・・・なーんて

野望&妄想が出始めちゃいました。

やっぱり無理だろうなぁ・・・。









にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ









ゴールデンスランバー

4b289d27.jpg




伊坂幸太郎 著。

ヤマ友さんの shucream  さんがブログ内で

ゼヒ! 

っと紹介してたので早速読んでみました。

相当おもしろかったです。

私が本を読むのが遅いのは 

この場で何度も書いていますが

なんと2日間で読んでしまいました。

これはいわゆる 奇跡 ってやつです。


内容はっていうと・・・・

首相暗殺の濡れ衣を着せられた青年の逃亡劇。

彼を容赦なく追い詰める側と

彼をなんとか守ろうとする仲間たち。

中盤は 

「え、どうなるの? 誰かー! お願いどうにかしてー!」

って感じで半泣き状態で読んでたと思われます。

読み終わることしか不安から解消される方法はなかった。

だからとにかく読み続けました。

『ゴールデンスランバー』 というのは

ビートルズの歌のタイトルでもあるのですが

読み終えてこの曲を聴いてみようと思ったら

私が持ってるアルバムには入ってなかった・・・・

残念。

でも この本は全然残念じゃありません。

チョーお薦めです!!







にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ








しをんのしおり

786d957e.jpg



三浦しをん著。

『風が強く吹いている』 と 『まほろ駅前多田便利軒』 を

実家のママに貸したら えらく気に入ったようで 

こんな文章を書くってどんな人なんだろう、

とすごーく関心を示してました。

ある日、ママから荷物が届きまして 

この本が入ってた。(笑)

買って読んだらしいです。

でもって 添えられていた手紙には

「この人はエッセイよりも小説の方がおもしろい」 と

書かれていました。

私も全く同感です。 (しをんさん、ごめんね)

小説のイメージが この本のページをめくる毎に

パラパラと崩れていった。

中盤まではほとんど笑うこともできず

ただ、活字を目で追う作業。 (しをんさん、ごめんね)

ただ、後半の (ほら、盛り返してきた!) 

『高倉健の日常』 に関してはヒジョーにおもしろかったです。


しをんさーん!

しをんさんの小説はメッチャ好きやでー。

また小説読むでー。

だから こんな紹介の仕方で許してなー。 

(注:私は関西人ではありません)





にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ









livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ