映画でハッピー♪

NO67 グッドナイト&グッドラック

音符今日のシネマ音符・・・グッドナイト&グッドラック

2005年 アメリカ映画

◆俳優の名前をクリックすると詳細が見れますヨン◆

cc20cf6d.jpg

“赤狩り”の猛威が吹き荒れた1950年代を舞台に、危機に瀕した自由を守るため、時の権力に敢然と立ち向かったキャスター、エド・マローと番組スタッフたちの姿を描いたジョージ・クルーニー監督作。
1953年、米ソの冷戦が激しさを増す中、アメリカ国内ではマッカーシー上院議員を旗頭に、国内の共産主義者の徹底した排除活動が行なわれていた。
しかしその標的は、いまや政府に少しでも楯突く者すべてに及んでいた。
一般の市民はおろか、マスコミさえもが恐怖の前に沈黙してしまう。
そんな中、CBSの人気キャスター、エド・マローとプロデューサーのフレッド・フレンドリーはある重大な決断をする。 (TSUTAYAより)



眠かった・・・・・

終始、睡魔と闘いながら観ました。

なので 全く内容 覚えてません。困った困った困った

これでレビューって言えるのか?

いや、言えまい。

でも一応最後まで頑張ったので一本に加えちゃいます。

政治にもっと興味があれば 楽しめただろう内容。

モノクロに加えて 静かに水のように流れる雰囲気が 尚一層、私の瞼を重くしてくれたのでありました。

クルーニーさん、ごめんなさい。

そう、この作品の監督である ジョージ・クルーニー 。

もちろん出演もしています。

普段のちょっとニヤけた、プレイボーイっぽい姿を想像すると見事に裏切られます。

真面目なクルーニーをご覧あれ。


デビッド・ストラザーン がすごく良かった。 (ような気がする)


他に ロバート・ダウニーJr 、 ジェフ・ダニエルズ 、 パトリシア・クラークソン なんかも出てた・・・らしい。笑顔汗









にほんブログ村 映画ブログへ

にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ







NO66 君とボクの虹色の世界

音符今日のシネマ音符・・・君とボクの虹色の世界

2005年 アメリカ映画

◆俳優の名前をクリックすると詳細が見れますヨン◆

0422d774.jpg

私、好きです これ。

なんていうか・・・・普段は人に見せない私の中の コアな一角が敏感に反応しました。

って 何言ってるかわからないかもしれないけど 自分でもうまく説明できないから仕方ない。

とにかく けっこう好き。

主演の ミランダ・ジュライ が監督もやってます。

初めての長編だって。

それで 2005年のカンヌで カメラ・ドール取ったって。


不器用な人間が集まってる。

だけど伝わってきます。 優しさが。

邦題が良くないぞ!って ブーイングがいっぱい。

ま、この問題は永久に続きそうですね。

もっとひどいのもたくさんあるから今回はガマンしよう。

でも 「君とボク」 っていうのは特定の人じゃないですよ。

クリスティーンとリチャード。

ピーターとシルヴィー。

ロビーとロビーとロビー。(笑)

そう、ロビー、最高です。

特定の人じゃない 「君とボク」

アナタと私みたいにね。

今回はあえてストーリー 書きません。










NO65 007/カジノ・ロワイヤル 

音符今日のシネマ音符・・・007/カジノ・ロワイヤル

2006年 アメリカ映画

◆俳優の名前をクリックすると詳細が見れますヨン◆

c2acee45.jpg
 
ご存知007シリーズ。

っていっても 私は特にジェームズ・ボンドに思い入れがあるわけではないので 今まで数作しか観たことがありません。

今回これを観た理由は 実家のママが ボンド役の ダニエル・グエイル に惚れちゃって 素敵だった~~! と何度も頬を赤らめながら言ってたからです。

ママのハートを射止めたダニエルのボンドを 是非この目で確認したくて 興味津々で観てみました。

確かに よく鍛え抜かれた身体・・・セクシーさもあり スーツもキリっと着こなすダンディーなボンドでしたが 残念ながら私の頬は全く染まらず。

ママと好みはけっこう似てるんだけど 今回は違ったようです。

・・・・肝心のストーリーですが それはTSUTAYAさんにお任せしましょ。(笑)

6代目ボンド、ダニエル・クレイグ主演による人気スパイアクションシリーズ第21弾。
暗殺の仕事を二度成功させて“00”の地位に昇格したボンドは、最初の任務で、世界中のテロリストの資金源となっている死の商人、ル・シッフルの存在を突き止めるが…。


おーっと TSUTAYAさんも簡単にまとめましたね。(笑)

でもまあ、ずっとシリーズ観てる人なら 想像はつくでしょう。

そんなとこでご勘弁を。(笑)

出演はほかに ジュディ・デンチ 、 ジェフリー・ライト、 ジャンカルロ・ジャンニーニ 他。







にほんブログ村 映画ブログへ

にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ


NO64 ダーティ・ダンシング

音符今日のシネマ音符・・・ダーティ・ダンシング

1987年 アメリカ映画

◆俳優の名前をクリックすると詳細が見れますヨン◆


f9e018be.jpg
アルちゃんお薦めのダンス映画 早速見てみました!

1987年の作品なので ちと古い感がありますが 私には全体的に懐かしムードいっぱいでグーでした。

ストーリーは

60年代のヒットナンバーと官能的なダンスに彩られた青春映画。
家族とともに避暑地にやってきた17才のベイビーは、ダンサーのジョニーと出会い、恋に落ちる。
純真無垢な少女だった彼女は、ダンスへの情熱と初めての恋によって大人の女へと成長していく。(TSUTAYAより)


サマーバケーションの捉え方って 日本と欧米とでは全然違うように感じます。

余暇の使い方は全然あちらの方達の方が上手だし、楽しんでるよなーって 昔からとてもうらやましく思ってました。

日本人、働きすぎ~

でもそうしないと食べて行けない現実~

いつか ひと夏を避暑地で過ごすような生活が・・・・・来ないだろうな。(涙)

ダンサーのジョニーには パトリック・スウェイジ 。

彼と恋に落ちるベイビーに ジェニファー・グレイ 。

ベイビーのパパ役に ジェリー・オーバック

この映画の続編として 「ダンシング・ハバナ」 があります。

まだ未見なので 早速リスト入りさせました。












にほんブログ村 映画ブログへ

にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ


NO63  アヒルと鴨のコインロッカー

音符今日のシネマ音符・・・アヒルと鴨のコインロッカー

2006年 日本映画

b92b8c6c.jpg

先日、『アヒルと鴨のコインロッカー』 の、原作のトピをアップしましたが やっぱり映像になったものが観ておきたくてスポットレンタルしてみました。

私は基本的に洋画が好きなので 自ら邦画をレンタルすることはあまりないのですが やっぱりこれは観てよかった。

観た事で 自分の思い込みを確認できたから。

先日の記事では 超イケメン役に瑛太は合わない、って書いたんだけど これが・・・思いのほか良かったんです。 

薩摩から篤姫に想いを寄せる 心優しき尚五郎とは全く違う人がそこに居ました。(笑)

改めて絶賛させてください。

瑛太、グーです!

まあ厳密にいうと超イケメンの役っていうか・・・・・

おーっと ごめんなさい。

これ以上書くと思いっきりネタバレになるのでやめときます。

原作を読んでから映像化した作品を観た時、心の底から満足することってまずありません。(また書いちゃうと今まででは 『指輪物語』が一番。)

それはある程度仕方のないことだと思います。

活字を追いながら 自分がその登場人物を作り上げていってるわけだから。

つまり原作を読んでいる間は 私自身が監督であり演出家なんだよね。

映画になった作品を、キャストの名前だけで 「あ、ダメ」 と 決め付けるのは いけないことなんだ、と この映画で学習しました。

ただね・・・・椎名役の 「ぼく」 に関しては 私はやはりダメでした。

なぜなら濱田岳クンは 私の中では金八先生のイメージが強すぎる。落ち込み

ごめんね、濱田クン・・・。

でも それを考慮しても やっぱり原作を壊すことなく しっかり作られている映画だな、と思いました。

なんかすごーくエラソーですが shuさん、そんなところでご勘弁を。

色々騒ぎ立ててすみませんでした。(汗)








にほんブログ村 映画ブログへ

にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ









livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ