音符今日のシネマ音符・・・アヒルと鴨のコインロッカー

2006年 日本映画

b92b8c6c.jpg

先日、『アヒルと鴨のコインロッカー』 の、原作のトピをアップしましたが やっぱり映像になったものが観ておきたくてスポットレンタルしてみました。

私は基本的に洋画が好きなので 自ら邦画をレンタルすることはあまりないのですが やっぱりこれは観てよかった。

観た事で 自分の思い込みを確認できたから。

先日の記事では 超イケメン役に瑛太は合わない、って書いたんだけど これが・・・思いのほか良かったんです。 

薩摩から篤姫に想いを寄せる 心優しき尚五郎とは全く違う人がそこに居ました。(笑)

改めて絶賛させてください。

瑛太、グーです!

まあ厳密にいうと超イケメンの役っていうか・・・・・

おーっと ごめんなさい。

これ以上書くと思いっきりネタバレになるのでやめときます。

原作を読んでから映像化した作品を観た時、心の底から満足することってまずありません。(また書いちゃうと今まででは 『指輪物語』が一番。)

それはある程度仕方のないことだと思います。

活字を追いながら 自分がその登場人物を作り上げていってるわけだから。

つまり原作を読んでいる間は 私自身が監督であり演出家なんだよね。

映画になった作品を、キャストの名前だけで 「あ、ダメ」 と 決め付けるのは いけないことなんだ、と この映画で学習しました。

ただね・・・・椎名役の 「ぼく」 に関しては 私はやはりダメでした。

なぜなら濱田岳クンは 私の中では金八先生のイメージが強すぎる。落ち込み

ごめんね、濱田クン・・・。

でも それを考慮しても やっぱり原作を壊すことなく しっかり作られている映画だな、と思いました。

なんかすごーくエラソーですが shuさん、そんなところでご勘弁を。

色々騒ぎ立ててすみませんでした。(汗)








にほんブログ村 映画ブログへ

にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ