音符今日のシネマ音符・・・アース earth

2007年 ドイツ/イギリス合作映画


dacae57b.jpg

a81ddd8f.jpg
dd56e6bd.jpg





主演:46億歳、地球。


奇跡の星の、見たこともないドラマを体感する究極のノンフィクション。

・・・・


公式サイトの言葉、拝借しちゃいました。

NHKで放送された 「プラネット・アース」 と同じようなシーンもあって、一部では不評のようですが、これは絶対に絶対にスクリーンで観たかったので 何年ぶり!?かで劇場に足を運びました。

久しぶりだったので酔っちゃった。困った

でもとにかくきれいでした。

ベリリン・フィルハーモニー管弦楽団のフルオーケストラによる音楽も素晴らしい!

上の写真の 『宇宙から見た地球』 は息をとめて体中で感動。

この部分だけでも絶対に大きなスクリーンで見るべき!

「ディープ・ブルー」 のスタッフが再結集したとかで、とにかくすごいです。

いったいどうやって撮影したんだ? っていうシーンがたくさん出てきます。

大半は動物達の生態映像で成り立っていますが、北極の氷が融けて白クマに影響が出てるのとかは 温暖化を意識するのにうってつけの題材かもしれません。

この青い球体の中に、66億を越えるそれぞれの生活があり、自分もその中の一つだと思うと とても不思議な気がした。

一緒に行ったダーリンは 

「この地球に生かされた、ってこと、生き続けていく、ってことの大切さを改めて考えさせられた。」

二男は

「やっぱり家で待ってれば良かった・・・」

え~~~っ!!!!!!困った

ヒマラヤの素晴らしい景色も出てきたのに・・・・

聴覚過敏の彼には この96分が苦痛以外の何物でもなかったのね・・・・

ふぅ・・・・

ごめん、息子よ。