2007年ももうすぐ終わろうとしています。

シネ友の夢眠ちゃんの足元にも及びませんが 今年もたくさんのDVDを観ることができました。

昨年に比べて28本少ない109本。

それでも単純に計算すると3.3日に1本観た割合になります。

私ったらこの109本の中のいったい何本を覚えているかしら。

きっとほとんど覚えてない・・・困った困った困った困った

あはは・・・

いつも新鮮で自分がうらやましい。

さて・・・とりあえず、印象深かった10本を選んでみました。

昨年も書きましたが これはあくまでも私の勝手な評価です。

食べ物に好き嫌いがあるように 映画にだって好みってものがありますから この10本が万人に受けるとは全く思っていません。

なので  「ジュリアちゃんがおもしろいって言ったから借りたのに全然おもしろくなかったわ! どうしてくれるの! レンタル料金返してよ!」

っていうクレームは一切受け付けませんので悪しからず。

それから形式上順位をつけましたが これはあまり気にしないでください。

どれも甲乙つけがたい10本です。

どれが一番上にきてもおかしくない作品ばかり。

前置きが長くなっちゃった。

それではどうぞ。







★第1位★

e92b0c4f.jpg




私は洋画派の人間なので
普通ならば邦画は除外するのですが
これはもういろんな意味で
ショッキングな映画だったので
どうしても入れたかった。
鑑賞後、DVDとサントラ購入。








2位以下は説明は省きます。
作品名からレビューに飛べます。




★第2位★

42070f60.jpg












★第3位★

f41581c8.jpg












★第4位★

98d5ba80.jpg












★第5位★

074ffa90.jpg












★第6位★

cd13d132.jpg












★第7位★

9818761f.jpg











★第8位★

c9701c36.jpg












★第9位★

67d21eed.jpg










★第10位★

05526455.jpg



これに関しては
『ワールドトレードセンター』
との2本立てのレビューになってます。




      
**********


以上です。

実に難しい。

忘れっぽい私がこの時期に1年を振り返るのだから

これはかなり前頭葉を酷使しました。

でも楽しい作業でした。

最初に書きましたが順位はあまり重要ではありません。

今年の10本を選んだ、ということです。

あと、最後まで迷った作品として




















          
この作品たちもよかったなー。

それから・・・・・

おっとこれじゃキリがないので 

お気に入りの分はここで打ち切り。


最後に付け加えさせていただきます。

悪い意味で一生忘れられない映画となってしまった作品。



ハネケ監督の奇才ぶりを実感した一年でもありました。

これは観ない方が身のためです。

観ない方がいい映画をここに挙げる私もどうかと思いますが

つい書きたくなっちゃう・・・そういう映画なんです。

でもやっぱり薦めません。困った

さて、来年はどんな感動が待ってるでしょうか。

映画って本当にいいもんですね。にっこり

最後までお付き合いしてくださって

ありがとうございました。

(クレームはなしよ。)