28e12e86.jpg


今頃読みました。

「東京タワー」

単発も 連続も ドラマでは見ましたが

今上映中の映画はまだ未見です。

春休みに実家に帰ったとき、私の 「オカン」 が

「ねえ、『東京タワー』 の原作読んだ?」 と聞いてきたので

読んでないよ、と答えると

「もうすぐ読み終わるから 持って帰りな。」 と言い

言葉通り、私が埼玉に帰る時に渡してくれました。

そして・・・今日、読み終わった。

午後から歯医者さんに行く予定だったのに

部屋で号泣してしまい、ひどい顔で家を出ることに。

ふとポストを見ると 私宛の封書が。

「オカン」 からでした。

ちょっと欲しい新聞記事があったので

切り取って送って欲しいと頼んであったものが今日届いたみたい。

そのままバッグの中に入れて歯医者さんへ向かいました。















a7dbac1c.jpg


予約時間より早く着いたので

待合室でさっきの封筒を開けてみると

頼んだ記事と一緒に 「オカン」 の手紙が入っていた。

「身体は変わりないですか?」

いつも私を気遣う言葉から始まる手紙・・・・

やばい・・・ この時点で もう涙腺が緩んできた。

これから診察なのにまずいよー。

なんでこんなタイミングで手紙が届いたんだろ。

鼻を赤くしながら読み進めていくと

自分の近況報告が2割。

あとはほとんどが映画の話。

最近観た映画の感想です。

ジュード・ロー よりも ヒュー・グラント が好き。

でも 映画の中の彼はすごく年取っててびっくりした。云々・・・・

私の映画好きは きっと 「オカン」 の血を引いたんだね。

クスッと笑ったところで 

「ジュリアさ~~ん、どうぞ~」 

と名前を呼ばれた。







私の 「オカン」 は 横浜で一人で暮らしている。

75歳になった今も 観たい映画を新聞でチェックして

どんなに遠い場所にも足を運んでいる。

「東京タワー」 には 日頃思ってても なかなか言葉に出せない 

「オカン」 への いろんな想いが 

いっぱいいっぱい代弁されていると思う。

その一つ一つに共感しながら

その一つ一つに頷きながら 

涙がポタポタ落ちてきた。

私の 「オカン」・・・

どうぞ いつまでも元気でいてください。

また夏に会いに行きます。









b6203d2a.jpg

「たそがれ清兵衛」 の切手。

映画好きのママらしい。
(こんな年になっても 私はまだママって呼んでます。)笑。