音符今日のシネマ音符・・・海辺の家

2001年 アメリカ映画

◆俳優の名前をクリックすると詳細が見れますヨン◆


e8e291cd.jpg
これも前から観たくて仕方なくて、やっと観れた一本。

今年観た作品中で上位に食い込むであろうと思われるほど良かったです。

・・が・・・・・・・・・(ほらきたっ!) 

ヘイデン・クリステンセン・・・・前からどうも好きじゃなかったんだけど やっぱり駄目でした。

これ観て確信した。 

スターウォーズのアナキンが ダークサイドに落っこちたように私の俳優リストからも確実に落ちました。(笑)

ま、好みの問題ですから。 ごめんね、ヘイデン。

ストーリーは 癌で余命数ヶ月と言われた ケビン・クライン 扮するジョージは 会社から解雇されたことも重なって 残された自分の人生をどう生きるか考える。

海を見下ろす高台に立つボロ屋を 別れた妻と一緒に住む息子 (これがヘイデン) と一緒に建て直そうと考えるのだけど難しいお年頃の彼は一筋縄では行かず・・・

とにかく主演の ケビン・クライン がすっごく良かった。

こういうお父さん好きだな。

別れた妻との気持ちの部分での修復 (妻はもう再婚して子どももいる)や、隣に住む奔放な同級生と息子との絡みなども交えながら全く飽きることなく物語は進みます。

悲しい結末はわかっているものの、平行して回りのギクシャクした関係が笑顔に変わっていくという展開があるお陰で 暗いだけで終わらないところが良かった。

別れた奥さん役に クリスティン・スコット・トーマス

奔放な同級生に ジェナ・マローン


まだ観てない方、是非どうぞ。