音符今日のシネマ音符・・・ミュンヘン

2005年 アメリカ映画

◆俳優の名前をクリックすると詳細が見れますヨン◆


11af2dc2.jpg
1972年のミュンヘン・オリンピックで実際に起きた事件 (選手村でパレスチナゲリラがイスラエルの選手、役員等を人質にとり、殺害した事件) に基づいて ヒットメーカー スピルバーグ監督が描いた作品。

うーん・・・・けっこう重い作品です。

でも3時間近い内容、飽きることなく観れました。

スピルバーグは自身がユダヤ系ということもあり、ユダヤ人に対してすごく思い入れがあるんだと思う。

「シンドラーのリスト」 もそうだったしね。

ただごめんなさい。

私にはその辺の人種的なことがよくわからない。

中東問題も不勉強です。

主人公の報復が個人的な恨みというよりは 政府組織から依頼された仕事としてのもので あそこまでやっちゃうってとこが私にはどうしても共感できません。

ただこれだけは言える・・・

やられたらやり返す・・・これでは平和は永久に訪れない。

ああ、これはうまくコメントできないなあ。

主人公の エリック・バナ は迫真の演技でした。

復讐を重ねるたびに追い詰められて 平常心を失っていく様子が怖いほどだった。

実話が元になってるのがとても悲しい・・・・・

出演はほかに ジェフリー・ラッシュ 、マチュー・カソヴィッツ 等・・