音符日のシネマ音符・・・・プライドと偏見

2005年 アメリカ映画

◆俳優の名前をクリックすると詳細が見れますヨン◆


d2cca308.jpg
すごく観たかった一本。

オースティンの代表作である 「高慢と偏見」 の映画化。

原作は読んでないけれど、すごくファンがいますよね。

さて、舞台は18世紀のイギリス。

主人公のエリザベス。

この時代でこのキャラはかなり型破りだっただろうなぁ。

私はすごく惹かれました。

はっきりと自分の意見を言える女性、憧れます。

演じているのは キーラ・ナイトレイ

もしかしたら、彼女が今まで演じてきた中で一番好きかも。

時々 あの ウィノナ・ライダー と重なっちゃったんですけど 似てません? (キーラに怒られそう・・・)

まあ姉妹が5人もいたら 一人くらい嫌なヤツもいますわね。 (あ、これはキーラのことじゃなくて妹ね)

ママもなんとかして欲しかった。(苦笑)

タイトルの 「プライドと偏見」 というのはつまり・・・身分の違いなどの偏見や つまらないプライドから 本当は互いに思っているのにすれ違ってしまう男女のことを言っています。

大丈夫、最後はハッピー・エンドですから。

相手役のダーシー役には マシュー・マクファディン

彼も良かったです。