音符今日のシネマ音符・・・・キャスティング・ディレクター
1998年 アメリカ映画

◆俳優の名前をクリックすると詳細が見れますヨン◆


b74ab5d6.jpg
ケビンに会いたくて観た作品。
.....ヾ( 〃∇〃)ツ キャーーーッ♪

しかーし・・・どのサイトを見ても 誉めてるのなんてない。
(゚∇゚ ;)エッ!?

ほとんどの評価欄でけなされています。
?(´□`;) ヤメテー!!

元々は舞台劇。 

それを映画にしたらしい。

でも これはやっぱり映画じゃ無理があるかもしれないなあ。

我が愛人、ケビン・スペイシー と あの ショーン・ペン の共演。

舞台でも同じ役でこの二人が演じたそうです。

なんと メグ・ライアン も出てますが、いつものラブコメのメグのファンの人は観ない方がいいかもしれません。

「イン・ザ・カット」 まではいかないけど、ラブコメのイメージからは かなり離れていますから。

ケビンが好きってこともあるけれど、ジュリアはこの映画、皆が嫌うほどイヤじゃなかったですヨ。

確かに 「何をウダウダ言ってんだよ~!」 ってとこもあるけど、台詞をよ~く聞いてると、なるほどな、っていうような部分もあったりするわけさ。
(。・・。)(。. .。)ウン

ショーン・ペンはやっぱりすごいな、って思ったし、ケビンもこういう皮肉屋で冷たい役、ホント合っちゃうし。(髪の色はなんとかしてほしかった・・・)

他には、11歳の時にオスカーを取ったアンナ・パキン や、 なんと ショーンの奥さんである ロビン・ライト・ベン も出ています。
オオーw(*゚o゚*)w

夫婦のラブシーンがありますが、どういう心境なのかなあ・・・・ちょっと考えられないけど まあ、割り切っているんでしょうね。
(?_? i)

酷評にめげず、がんばれ、ケビン!
く(?Д?)ノガンバレーーー♪

ジュリアはどんな役でも あなたのファンだからね。
。.:♪*:・'(*⌒―⌒*))) スペシャルスマイル