音符今日のシネマ音符・・・・コーチ・カーター 
    2005年 アメリカ映画

◆俳優の名前をクリックすると詳細が見れますヨン◆


912d6602.jpg
いや~よかった!

実によかった!!

メッチャよかった!!!

これはある高校のバスケットボールチームのコーチと生徒たちのお話。そして実話です。

駄目駄目チームに あるコーチが配属されてすごく強いチームにしちゃう、っていう映画は山ほどありますが、この映画はそれらとはちょっと違います。

ただ単にバスケットの試合で勝てばいい、っていうんじゃないの。

リッチモンドという貧困地域で犯罪が蔓延している地区にある高校が舞台。

ある意味そこに通う生徒達は世間からは見放されている位置にあるわけですね。

カーターはかつてここの高校でバスケット選手でした。

ただ学業も怠らず、奨学金を得て大学にも進学した実績があるのです。

彼はそれを選手達に伝えたかったわけ。

まずバスケットで世間の脚光を浴び、きちんと勉強もすれば大学だって行けるんだ、

人生の落伍者になるな、ってことですよ。

小さい頃から子どもを塾通いや習い事でしばり、学校で何かあるとすぐに先生のせいにしたがる日本の教育ママには この映画は向きません。

きっとカーターコーチに反感を抱くでしょう。

でもジュリアは全く違います。

今の学校の先生はユルユルです。 もっとしっかりしろ~!

生徒に 「ばかもの」 呼ばわりさせてヘラヘラしてるんじゃなーい!

このDVDにも最後に特典映像として カーター本人と生徒達も登場しています。

すっかりカーターコーチ本人のファンになりました。

映画では あの サミュエル・L・ジャクソン がカーター役を演じています。

これもピッタリ! 拍手~!!!!!!
拍手

すっごく気持ち良い映画でした。

でも人によって意見は分かれる映画でもあるでしょうね。

そこんとこ理解してね。
 (^_-)-☆