December 2006

大晦日

我が家の大晦日はお節作りで始まります。

義理ママとスクラム組んで朝5時前からキッチンに立ちました。

続々とお節ができていきまーす!


5760c556.jpg


d763aae9.jpg


と言っても 私は義理ママの指図されたことをやるだけで ほとんどが義理ママの味付けです。 (^_^;)









b56f8354.jpg

2ba9b1a1.jpg


でも伊達巻と栗きんとんだけは100%私が担当しています。

伊達巻、今年はだし汁がちょっと多かったみたいで 最初オーブンから出したときに卵が固まってなくて焦ってしまった。

もういちど焼いてなんとか事なきを得ました。汗。

栗きんとんは実は長男が大好物。

なので毎年これでもかっ!ってほど作ります。

栗は国産の栗を使うし、あと数が半端じゃありません。

長男、大喜び。








9eeb20ae.jpg

朝早くから頑張ってる義理ママと私のために、ダーリンと次男がお昼にたこ焼きを作ってくれてます。(現在進行形)

これから食べまーす!

さて、午後からは明日の最終準備にとりかかります。

みなさん、それでは良いお年をお迎えくださいませ~!!!!





シネマベスト10 発表!!

一昨日の記事で今年のDVDネタは全て終了しました。

今年は合計137本のDVDを観たわけですが 単純に計算するとはいびちゃんが言うように3日に1本は観ていたことになりますね。

我ながら良く観たなーと感心しちゃってます。(笑)

それでも 同じ映画友の夢眠ちゃんと比べると多分、足元にも及ばないでしょう。

しかも夢眠ちゃんは劇場にかなり足を運んでいるわけで、頭が下がる思いです。

さて、せっかく記録としてブログにアップしてきたわけだし、ちょっと振り返る意味で 137本の中から感動した10本を選んでみることにしました。

と言ってもですねー ほら、私の記憶力ってニワトリ並で・・

あんなに感動の涙を流したのに翌日にはすっかり忘れてるなんてこともザラでしたから・・・・

かなり基準があやふやですが、なんとか10本選んでみました。

1位はもう絶対にこれなんですが 2位以下は正直言って 大きな差はないと思ってください。

そして毎回言ってますが これは私の独断と偏見で選んだものですから 他の人が観て感動できるかどうかはわかりません。 なので 

「ジュリアちゃんがおもしろいって言ったからわざわざ借りてきたのに  全然おもしろくなくて 途中で寝ちゃったわ! レンタル代金返してよ!」 

なんて言われても困りますのでそこんとこよろしくお願いしますね。

クレームは一切受け付けませんから。(笑)

前置きが長くなっちゃった。

それでは今年の私のDVDベスト10を発表しまーす!!!


第1位  
 
47959ed5.jpg


ブロークバック・マウンテン

最近良く名前が出るジェイク・ギレンホールとヒース・レジャーの共演。
山の景色も素晴らしかったし、この作品では
圧倒的にヒースの演技が光ってました。




2位以下は説明は加えません。 

それぞれ今年の映画ネタにリンクさせてあります。

初めにも書きましたが2位以下はほとんど順位は変わりません。

ジャンルも違うし、比較は出来ないっていうのが正気な気持ち。

なので、そのへんはあまり気にしないでね。





第2位


29cb3c2c.jpg


海を飛ぶ夢








第3位


55649c7b.jpg


大いなる休暇







第4位


335a0e47.jpg

50回目のファーストキス








第5位


b1d1a862.jpg


コープス・ブライド







第6位


689caead.jpg


マラソン






第7位


ad96ebac.jpg


終わりで始まりの4日間








第8位


b62b32b3.jpg


海辺の家








第9位


d78f4c7d.jpg


コーチ・カーター








第10位


7ffecc1f.jpg


スリング・ブレイド








こんなかんじでしょうかね。

でも10本選ぶって本当に難しい。

迷いに迷った作品もちょっと紹介しちゃいます。

「ミリオンダラー・ベイビー」 
「レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語」 
「ピエロの赤い鼻」 
「クラッシュ」 
「イン・ハー・シューズ」 
「ブロンクス物語」 
「バタフライ・エフェクト」 などなど・・・・

いい作品はたくさんあったものの、
私の今まで全ての作品のベスト1を抜くものはありませんでした。

もちろんそれは 「ロード・オブ・ザ・リング」 です。

来年はどんな作品と会えるのか今からワクワクします。

邦画に押され気味だった今年に比べて 来年は話題満載の洋画が目白押し!

楽しみ楽しみ!!

あ、それと今回のベスト10は あくまでも今年DVDで鑑賞したものであって
劇場公開年月とは関係ありませんのでそこんとこよろしくデス。






カレンダー2007

お正月の飾りつけも終わり、カレンダーを新しいものに取り替える時期がやってきました。

1年間お世話になったカレンダーに感謝しつつ、2007年のものを それぞれどこに配置させるか考えるのが ちょっと楽しい時間だったりします。



6522a82e.jpg


こうやって並べてみると ずいぶんあるなあ。

主なものを紹介しちゃいますね。












d8840e19.jpg


まずはやっぱり山関係でしょう。

「美しき日本の山」 「世界自然遺産」 「日本百名山」 の三つは毎年購入しています。

左の二つは雑誌の付録と 山ショップで頂いたもの。









87a0fa24.jpg


これは日めくりカレンダーなんだけど 日常の英会話のフレーズが書かれています。

なんとなくおもしろそうで買っちゃいました。










4bd11fdf.jpg


これはユニセフのカレンダー。

これを買うことで自動的に募金ができるしくみになっています。

2冊買って、一つは先日実家に帰った時にママにプレゼントしました。










5339f7b9.jpg


そしてこれ。

毎年12月になると家に届く、ファンダフルディズニーカレンダー。

ディズニーリゾートのファンクラブの会員だけがもらえるカレンダーです。




さて、着々と新しい年への準備が整っていきます。

来年はどんな一年になるのか、新しいカレンダーを見ながら想像する私でした。




お正月の飾りつけ

毎年我が家では 28日にお正月の飾りつけをします。

義理ママに言わせると 29日は 「九日飾り」 と言って縁起が悪く、31日も一夜飾りと言ってダメなんだって。

昔から 「八」 という数字は末広がりで日本では縁起のいい数字とされているので、我が家は28日にやってるのです。

今年も早速飾りましたヨ。

去年とほとんど同じですが 季節ものなので今年もアップします。



a3fac025.jpg

42c11de6.jpg

fe7473df.jpg


下駄箱の上です。おせちも用意しました。(笑)

壁のタペストリーは今年初めてお目見えしたものです。












b5f614f2.jpg

81f40430.jpg

23a2c3e8.jpg


こちらは正面のメインの場所。

干支の置物は12年かけて全て揃えました。

来年の顔、イノシシさん登場!













a2be8431.jpg


テレビの上。













3cefdbe1.jpg

777eb986.jpg


今はいろんな可愛い飾り物が市販されてるので 手作りするのも楽しい。

和紙や千代紙を使っていろんなものを作れますね。












5e913bea.jpg


最後は外です。

玄関ドアの横、クリスマスの時にはここに松ぼっくりのリースがあった場所。

洋から和へ。

さて、飾りつけも終わったし、一気にお正月ムードになりました!

引き続き、新しい年への準備にガンバリマース!




NO135 ジャーヘッド  NO136 ブロークン・フラワーズ  NO137 フォー・ザ・ボーイズ

全くジュリアちゃんたら 忙しい忙しいとか言いながら DVDはしっかり観てるじゃん!

・・・・とか言わないでくださいね。

前から言ってますが、アップした日が鑑賞した日ではありませんから。

12月は忙しいのわかってるから ほとんど初めの週に観終わってます。

ストックしてある感想をまとめてアップしてるわけです。

今日は3本まとめてアップします。

そしてこれが今年のラストになります。

まず一本目・・・・・



音符今日のシネマ音符・・・ジャーヘッド

2005年 アメリカ映画

◆俳優の名前をクリックすると詳細が見れますヨン◆


80ce92aa.jpg
 またまた ジェイク・ギレンホール 観たさにレンタル。

もうすっかりとりこです。(笑)

戦争映画としては駄作なんて言われてるけど、いいの、ジェイクが観れたから。(笑)

実話を元にしてるらしいです。

実際に湾岸戦争に行った兵士の記録を元に作られたとか。

戦場の痛々しい場面満載・・・・では全くありません。

海兵隊として戦場へ送られたものの、一向に自分達の出番がなく、悶々としている若者達の様子が描かれています。

あの 「アメリカン・ビューティ」 の サム・メンデス監督作品。

兵士仲間に ピーター・サースガード 。

教官役に ジェイミー・フォックス 、 クリス・クーパー

銃を持ち、 「早く人を殺してぇ~!」 って言ってるジャーヘッド達 (海兵隊) の声、実際の現場では本当にこんな感じなんだろうな、と妙に納得した自分も怖かった。

今も世界のどこかで こんな会話が飛び交っているのだろうか・・・・・。





そして2本目・・・・




音符今日のシネマ その2音符・・・ブロークン・フラワーズ

2005年 アメリカ映画

◆俳優の名前をクリックすると詳細が見れますヨン◆


69fbf705.jpg
 カンヌ国際映画祭で2005年、審査員特別グランプリを獲得した作品。

まずこれを観たときに 「アメリカ、家族のいる風景」 を思い出しました。

割と最近観た映画だったので 記憶もまだ残っていました。(笑)  自分には息子がいる・・・と偶然に知った男が 息子探しの旅に出るお話だったんだけど 今回の 「ブロークン・・・」 の方はというと、ある日、ドン (この映画の主人公) の家にピンクの封筒が届き、その中には20年前に別れたという女性から  「息子があなたを探す旅に出た。息子の父親はあなたです・・・・」 なんてことが書かれていた。

昔はかなり女遊びが派手だったドンは いったい手紙の主がどの女なのかわからない。

その話をおせっかいな隣人が聞いて 昔の女を訪ねる旅に強引に行かせちゃう。

この映画も感想がかなり分かれてるみたいで 中には 「今年観た映画ワースト1」 とかに挙げてる人もいました。(苦笑)

私は、というと けっこう楽しんじゃったかな。

前出の 「アメリカ・・・」 とどちらが好きかと言われたら こっちですもん。

それは多分、主人公のドンを演じてる ビル・マーレイ の持ってるまったり感が私と合うためだと思います。

この人って こういう役が多いのかな。

「ロスト・イン・トランスレーション」 でもこんなだった。

多分、観ててイライラする人も多いことでしょう。(私は全然平気!)

別れた女達が それぞれ全く違った人生を送っている様子がおもしろい。

その女達の面々がすごいぞ。

シャロン・ストーン 、 ジェシカ・ラング (なんと「アメリカ・・・」の方にも出てた!) 、  ティルダ・スウィントン 、 フランセス・コンロイ・・・

「ピンク」 というキーワードはそこら中に出てくるものの、結局手紙の主はわからず仕舞い・・・・

それよりさ、ビル・マーレイ、女にモテた元ドンファンていう設定なんですが 私にはそれが一番納得いかなかったワケで・・・・(^_^;)






そして3本目・・・・つまり2006年、最後の作品はこれ!






音符今日のシネマ音符・・・フォー・ザ・ボーイズ

1991年 アメリカ映画

◆俳優の名前をクリックすると詳細が見れますヨン◆


22c5ce7d.jpg
すっごく良かった!!!

1年の最後を飾るのに ピッタリの作品でした。

年老いた歌手、ディクシー (ベット・ミトラー) の家にテレビ局のスタッフが訪れるところから話は始まります。

何かの賞をもらったのでその授賞式に出席するように伝えにきたんだけど、彼女はそんなのに出たくないと言い出し、その若いスタッフが彼女をなだめながら昔の出来事を紐解くように、彼女から話を聞きだす・・・・・つまり、その話が物語りとなって時間を遡って綴る内容です。

これって実話なのかな。多分、そうなんだと思うけど・・・・。

当時売れっ子のコメディアンだった ジェームズ・カーン 演じるエディと組んで、戦地を慰問に回り、楽しい喋りと歌を聞かせていた二人。

行く場所行く場所で話題になり、一躍人気者に。

太平洋戦争、朝鮮戦争、ベトナム戦争と かなり長きに渡って二人は戦士たちの心を暖めに回っていた。

ただ、ディクシーの夫の死や 慰問への意見の相違、 そしてディクシーの目の前で息子が戦死するなど 辛いことが重なって最後は別れ別れになってしまう。

とにかくですね、ベット・ミトラー の歌が素晴らしいっ!

私は観終わってすぐにサントラを注文しました。

ただ、15年前の作品なので、新しく録音されるものが来年中旬に再版されるようで せっかくならとそちらを予約しました。

結局ラストは その授賞式で年老いた二人は再会します。

そして当時の掛け合いを披露してハッピーエンド。

戦争は辛いけど こんな風に辛い中に少しの幸せを届けて歩いていた人たちがいるってことを知れて、ちょっと救われました。




さて、これで今年の映画は全ておしまい。

今年は年初から通し番号をつけておいたんですが 137本の映画(DVD)を観たことになります。

ほとんど忘れました。(汗)

でもいいの。 その時その時が楽しければ。(^_^)v

私の勝手きままな感想を読んでくれた皆さん。

そしてコメントまで入れてくれた貴方、 本当にありがとうございました。

来年もまた素敵な作品に出会えますように。





livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ