November 2006

ランチ行ってきた~!

9df77059.jpg

1bd1b5a7.jpg


お友達と3人でランチに行ってきました~!

ここはご近所さんのイタリアンレストラン。

チャリで6~7分で着いちゃいます。

店内はすっかりクリスマス気分木

お庭で食べることもできちゃいます。

そして庭に近い席には 寒さ対策のひざ掛けもついてるの。

なんて優しい心使い。

開店と同時に入ったから まだ誰もいなくて

写真取り放題でした。  ラッキー!









62b5d9ba.jpg

cec7f0bc.jpg


今日の私は カルボナーラ気分。

あとの二人のうち 一人はパスタ、そしてもう一人はピザを注文し

シェアして食べました。









70b317b9.jpg


そしてもちろんデザートも。

「焼きりんごのチーズケーキ」 おいしかったよ~ん。

ああ、また今日も食べ過ぎちゃった。









09361fa8.jpg


そしてそして まだあります!

なんとお友達の一人が 一足早いクリスマスプレゼントをくれました!

お洒落なバスセット。  

昨日のチョコレートといい、今週はプレゼント三昧だぁ~!

うれしいな、うれしいな♪

Mちゃん、どうもありがとね~!!すいません






<75~77> ビーズサークル

e8bddc3a.jpg


ビーズサークルに行ってきました~!

今日の参加は6名。

ネット友のひめちゃんも2度目の参加。

もうすっかりメンバーとも打ち解けて楽しく作品を作ってましたよ。

ジュリア先生の今日の作品は 上の3点。

リング、ネックレス、ストラップと頑張りました。











5c68e404.jpg

806c7b1a.jpg


まずはリング。

今日の3点の中で一番時間かかりました。

アンティークな雰囲気。 ビーズマニアのキットです。

真ん中のカボションは接着剤で貼り付けてあるの。

天然石の他に スパンコールも使ってあります。

気に入ったのはアーム部分。

折り返し特小を使って細かいデザインになってる。

やはりひと手間かけるときれいなものができるのよね~。










4f579a3e.jpg

1478fc7e.jpg


次はネックレス。

これはジュリア先生オリジナル。

可愛いハートのベネチアンガラスのパーツを見つけたので3つつなげてみました。

既成のチェーンの途中をカットしてそこに同じ色味のビーズをつなげて入れてみました。









caf2e74a.jpg


最後はツリーのストラップ。

クリスマスですから。

クリスタルABを使った小さいツリー。

キラキラしてとってもきれいでしょ。









e871658e.jpg

a4420fa0.jpg


そして・・・・・・

今日のお昼は 季節限定の 「キラキラ弁当」。

なんかビーズにぴったりの名前ですね~

どのあたりがキラキラしてるのかはわかりませんでしたけど。(笑)

それと今日のおやつ。

おなかいっぱい!! ご馳走様~!!!!









83dba9f8.jpg


それからですね~

なんとひめちゃんからハワイのおみやげを頂いちゃいました!

マカデミアナッツが入ったチョコレート!

ワーイ!ワーイ! ひめちゃん、ありがとう!!

また是非来てね~!!!

そんなわけで今日のサークルも楽しい時間を過ごしました!

満足、満足!!





ポレポレ隊が行く N024、25 飯盛山&北横岳

53b0913c.jpg





今回は二つのお山をゲットしました。

お天気に恵まれて 最高の眺めに大感激の一日!!

11月25日の山行報告です。

詳しくは  こちら  からどうぞ。



50分間、750円の幸せ

36d2deea.jpg



また乗っちゃった グリーン車。

実家に帰る時はもちろん・・・

池袋、新宿へ出る場合にも使っちゃってます。

だって本はゆっくり読めるし ここで簡単なランチも済ませられるし

私にとっては 50分間、750円が最高に幸せな時間だったりするのです。

贅沢と見るかどうかは やっぱりその人の価値観だろうけど。

やめられまへんな。




No124 名もなきアフリカの地で

音符今日のシネマ音符・・・名もなきアフリカの地で

2001年 ドイツ映画


77aad833.jpg
すごくよかった。

何故いままで観なかったんだろう。

2002年にアカデミー賞 外国語映画賞を受賞。

ドイツでのユダヤ人迫害については 色々な映画で取り上げられている。

日本で、のほほんと暮らし、しかも戦争を知らない私たちがどんなに想像してもしきれない、想像以上のひどい場面がきっとあちこちであったと思う。

これはそんなユダヤ人のある家族がドイツを離れ、アフリカで過ごす時間を描いている。

弁護士として腕をふるっていた父親も 今ではアフリカで農夫として働いていた。

やっとの思いで 愛する妻と娘を引き取ったが 本当ならば幸せに暮らせるはずの家族の歯車が狂いだす。

裕福に育ってきた母親が 痩せた土地の何もないアフリカで住むのは想像以上だった。

「ドイツに帰りたい。」 と考えるのは当然かもしれない。

そんな中で癒されるのは 娘レギーナの存在です。

土地の人間ともすぐに馴染み、どんどんアフリカが好きなっていく様子が 画面越しにも伝わってきて救われた。

自分が生まれた土地を捨て、親兄弟を捨て、生きるために戦う。

「私だったらできるだろうか」 ・・・ずっとそんな風な思いを胸に抱きながら見た映画でした。

この中で一番成長し、強くなったのは あんなにドイツに戻りたがっていたお母さん。

やっぱり女って強いのね。





livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ